Kid`sスペース「AsonDo」で遊ぼう!かごしま県民交流センター

Category: Works, イラスト
/Posted by:
今年8月にOPENした親子で過せる、今話題のスポットAsonDoを見学してきました! ママ達の口コミで人気が広がり、平日の夕方にも関わらず沢山の親子連れで賑わっていました。 木のぬくもり溢れる遊具は、職人さんの手作り。小さい頃から本物に触れられるって幸せだな〜 広々としたスペースには、本格的な茶室や木のレール、木球のプールなど大人でも楽しくなってしまう遊び空間が。 カフェごっこやお店やさんごっこが出来る、楽しくて機能的なスペースは子供達の知育にも活躍しそう! ハイハイスペースや授乳室まで完備している所がママ達のポイントが高い秘密かも知れません。 壁面の至る所に、鹿児島の昔々を伝えるモノクロ写真と何だか気になるキャラクターが! 実は、この施設をプロデュース&デザインした砂田氏のオーダーにより「コーくん&アラちゃん」はペケペケが描きました。 コアラの着ぐるみを着た双子の元気な赤ちゃんは子供達に大人気だそう。 この施設、なんと使用料無料!小学校就学前のお子さんと、その保護者の方のみが利用できます。 スマホやゲームでは味わえない、ちょっと特別な空間を是非たくさんの子供達に体感して欲しいですね。 Kid`sスペース”AsonDo” かごしま県民交流センター 6F 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50 google map→ 利用時間 午前9時〜午後5時 ※休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)12月29日~1月3日 お問い合わせ 099-221-6600 利用について あそんどは,子供と親(保護者)が一緒に遊ぶスペースです。 お子さんの安全に十分気をつけて,楽しく遊びましょう。 なお,幼稚園,保育園等の組織・団体等での利用はできません。 また,一時預かり(託児)も行っておりません。 利用できるのは,小学校就学前のお子さんとその保護者です。 (お子さんの行動には十分注意して遊んでください。) 利用時間は,午前9時から午後5時です。(後片付けを含みます。) 利用は,無料です。 利用の都度、「もうしこみしょ」を受付に提出してください。 (受付で利用票を交付いたします) 1回の利用は,1時間以内です。 (終了時間はお知らせします。) なお,利用状況により延長可能な場合もあります。 (延長希望を申し出てください。) ...

Fairy marche Vol.3

Category: Works, イベント, イラスト
/Posted by:
秋です。フェアリーマルシェの季節がやってきました! 毎回好評のDMも3作目となり、今回もテーマにする花を凄く迷ったのですが 色とりどりに咲き乱れるビオラの中で踊っているフェアリーになりました。 小さくて健気だけどグラデーションの表現が豊かで大人びた雰囲気もあって、私も大好きな花です。 このイベントをプロデュースしている更紗屋雑貨店のママンが、お庭に咲いたビィオラをブーケにしているのを見て 外国のマダムみたい!なんて素敵なんだろう。と感激した時の印象が強かったのかも知れません。 来年、気分とタイミングが合えばチョコレートコスモスとかも題材にしてみたいですね。 会場では出店してるお店で買い物をすると、今回のフライヤーのデザインをマッチ箱サイズの カードにしたものが貰えるので、しおりにしたり、メッセージを書いたり、ブーケに添えたり ちょとした手作りを楽しんで頂けると嬉しいです。では、会場でお会いしましょう〜! フェアリーマルシェ 奄美の里「シャンドフルール」は庭づくりのヒントがたくさん詰まったお店です。 春風の心地よい季節、小さなマルシェでお待ちしています。 2017 10/7(土) 10:00~16:00 奄美の里「シャンドフルール」 鹿児島市南栄町1-8-1 ←google map https://ja-jp.facebook.com/cdfleurs/ ←facebook その日限定のスペシャルな商品をお届けしようとそれぞれに楽しく準備中です。 ・古書リゼット(絵本や洋書) http://chizuru.chesuto.jp/ ・太郎屋(ガーデンやお部屋で楽しむ古い物) https://www.facebook.com/%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%B1%8B-17035…/ ・更紗屋雑貨店(ビンテージボタンやかわいい雑貨) http://sarasaya.net/ ・前田家(大人気の角食) http://mall.373news.com/felia/?p=76339 ・キッサコミツタ(珈琲、トースト・スープ) https://www.facebook.com/Kissaco-Mitsuta-347153612038408/ ・L’atelier de Parisien(焼き菓子やカヌレ) http://www.latelier-parisien.com/ ・Elder herb and...

【器を巡る旅・番外編】波佐見焼に料理を盛り付ける!

Category: Works, ライフスタイル
/Posted by:
波佐見焼きの旅、楽しかったな〜 旅はまだ終わってないわ。器は料理を盛り付けて、はじめて完成するのよ!この胃袋に入れば一緒野郎め! 行列の出来るレストラン、農園食堂「森のかぞく」のメニューをリニューアル!という事でシェフと共に買い付けに行った波佐見焼のテーブルウェアに、早速料理を盛り付けて頂きました。 目にも鮮やかな採れたての有機野菜が輝いて、食欲を刺激。前菜からテンションが上がってしまいます!シェフは日頃から「創作意欲の湧く、イマジネーションを刺激する様な皿」を求めていたのだとか。 特別な食事の時間は「お店というステージの上で、お客さんを五感で楽しませる」いわばショータイムの様なものです。キャスト(料理)をどんな衣装や小道具(テーブルウェア)で演出するのかはプロデューサー(料理人)の腕に掛かっています。 例えば、演劇を観に行ってキャスト全員の衣装が量販店で売っている服だったとすれば、親近感は湧きますが、これなら家でDVDを観た方が良かったかな?と内容はともかく、そんな印象を受けてしまうのではないでしょうか。 スタイリストが走り回って衣装を探すのと同じで、腕の良い料理人は自分に合う皿を常に探し求めています。普段の家のご飯(褻)とスペシャルな外食(晴れ)の境目を大きく分かつのが器選びとも言えそうですね。 ここまで偉そうに、器選びの大切さを語っている私ですが、数年前までは殆ど興味がありませんでした。「器なんて程々にオシャレで安くて使い勝手が良ければ、それでいいじゃん」 そう思い込んでいた私が変わったのは、器を愛する人々に囲まれていたお陰です。 器の価値も変わらない私の為に、特別に選んだ器で珈琲やご飯を出してくれるお店の経営者さん、良い物が出来たからと見せてくれる作家さん。旅先で見つけた器をペケペケっぽいからと、持って来てくれる目利きの方。食器棚に鎮座するニトリやIKEA、100均の器の割合が減り、自分の好きな器が少しづつ増える事に幸せを感じるこの頃です。 全ての器にはストーリーがあります。窯元までわざわざ足を運んで選んだ器を使う時、その土地の風土や歴史、職人さんや売り子さんの器に対する想いや旅の思い出まで、一度に思い出す事が出来るのです。 そんな色んな人の想いが詰まった器で食べる料理の味は格別。もし、あなたが「森のかぞく」で食事をする事があれば、器にも注目してみて下さい。実際に手に取ってみると思っていた以上に軽く、優しい手触りを感じられるはずです。 料理をご注文の際は、メニューもじっくりと眺めてみて下さいね。 実は、波佐見で買い付けた器のイメージによりメニューの仕様や紙の質感を大幅に変えました。 たった1日の窯元を巡る旅が、お店の料理やメニューデザインにまで影響するなんて、思ってもみませんでしたが、そこで得たものは大きかった様に思います。 農園食堂 森のかぞく 鹿児島で有機野菜を作り続けて30余年!園山農園直営のお店です。 レトロフト地下に野菜と厳選した食材のストアもあります。 鹿児島県 鹿児島市 名山町2-1 レトロフトチトセ1F Google...

盛り塩の意味ってなんだろう?大人の盛り塩制作キット『大黒塩』販売開始!

Category: Works, ライフスタイル
/Posted by:
今日は塩をモリモリに盛って遊ぶぞ〜!!   盛り塩って玄関の隅に置いてある三角の風水的なやつでしょ?遊ぶって、どういう事!? それはだね、ふふふふ。。。 そもそも盛り塩は、三国時代の終わり頃の中国故事が起源となっているという説があり、帝を乗せた車を引く羊の足を止める為に後宮の女性が家の玄関先に置いたのが、はじまりなのだとか。 今では、お店などの入口付近に塩を盛り「お客さんが立ち止まりますように」と願いを込めるのが習慣として広まっていますね。 しかし、近年では徐々に見かける事も少なくなってきているように思います。 風水的には塩を三角錐型や円錐型に固めるのが良いとされていますが、あらためて見てみると「お客さんを呼び込みたい」という割には、何だか素っ気ない感じがします。 そこで、商売繁盛の象徴である恵比寿様と大黒様を型どってみたら、お客さんの目に留まるのでは!と思い付いた川辺の仏壇職人さん。 ペケペケのそのアイディアに共感し商品開発やパッケージングを試行錯誤。 実は鹿児島県は薩摩半島の南、川辺町は古くから仏壇作りの里として有名で、最近は職人達の技術を活かした新しい感覚の商品開発にも力を入れているそうです。詳しくは「川辺手練団」をチェック! "職人"と言うと気難しそう〜なイメージがありますが「大黒塩」を開発した蒔絵師のMさんは、とってもフレンドリーでお喋り好き。 知らなかった職人の世界に「ほぉ〜」「へぇ〜」という言葉が飛び交います。 その技術を活かして?プラモデル作りが大好きなMさんのテンションが上がる様にパッケージも奇抜な貼り箱のデザインを提案、制作。展示会で大評判だったそう。 実際に日々使ってみるとセットする時には背筋が伸びる感じがしてちょっと気合がはいったり。しゃんとした気持ちになります。 知れば面白い盛り塩の習慣。これから広がっていくといいですね。 ↓写真は、同じく川辺手練団の宮殿(くうでん)職人のKさんから届いた、暑中見舞いのお返事。手描きのペケペケに対抗してシュールな似顔絵を添えてくれました。 そんな愉快な川辺の仏壇職人さん達に会えるイベントが山形屋で開催中です。「恵比寿塩」「大黒塩」も販売中なので、是非実物を手に取ってみて下さいね。 仏壇職人が作ったとは思えない程、オシャレで機能的な商品は正に一生もの。 会場入口では、職人による制作の実演も行われており、細か〜い作業の工程を解説付きで見ることが出来ます。 とにかく普段は知ることのできない制作現場の裏側の話がおもしろい! 【川辺手練団】プロジェクト -川辺仏壇- ・2017年6月21日(水) まで ・山形屋(鹿児島) 1号館1階 STAGE101 10:00〜20:00 ※最終日午後5時終了 古くから仏壇づくりの里として知られる町・鹿児島県薩摩半島の南部「川辺町」。 仏壇づくりに必要七つの技、塗り・彫刻・蒔絵など伝統技術を継承しつつも、今でにない試みによるものづくりを目指す川辺手練団。会場ではキャビネットやランプシェード・スピーカーなど、長く愛されるライフスタイルアイテムや機能性にこだわった商品をご紹介!気鋭クリエーターたちによる生活に寄り添うアイテムをぜひご覧ください☆ ◆川辺手練団...

キャラクターロゴが可愛い!珈琲とホットサンドと甘味を求めて。郊外古民家カフェぼちぼちへ

Category: Works
/Posted by:
カフェに飢えた三十路女にとっての貴重な癒やし空間である"ぼちぼち" 誰にも教えたくないけど、1度は行ってみて欲しい!そんな複雑な気持ちでいっぱいです。 鹿児島市内のカフェは狭い! 隣の会話が気になる程に席のピッチがキツキツである。 そんな事は気にせず、緑を眺めながボーっとできる広々とした空間を持つのが直火焙煎珈琲ぼちぼち。 郊外型カフェでありながら鹿児島中央駅から車で15分程で行けるアクセスの良さも魅力的だ。 ただ広いだけではない。宮大工によってコツコツ作られたこの店は椅子や照明なども全てが手作り。 それらが昔からずーっと、そこにあったかの様に見事に調和している完璧な空間なのだ。 ネルドリップで丁寧に淹れられた珈琲を、オーナーが収集しているという個性豊かな作家もののカップで味わえるのも楽しみの1つ。時々ひっそりと開催されている県内外から作家を招いた展示会では、まだ市場で流通していないものも多く販売されるのでとっても貴重!つい手が伸びてしまう。 珈琲と一緒に頼むなら、やっぱりホットサンド。かぼちゃ、きんぴら、パストラミビーフなどニッチな具材の入ったアツアツのサンドと、こんがりと焼いて甘いシロップを添えた耳のコンビネーションが絶妙。 食後のデザートは”あんみつ”がお勧め。アイスクリームと小豆のクオリティが高く後味もあっさりとしている。 そしてジワジワと人気が出ている羊のキャラクターロゴ"ぼちぼちくん"や木製メニューなど、トータルコーディネートをしているのがスタジオペケペケというわけです。 オーガニック豆を使用したオリジナルのドリップパックも手軽に購入できる。 マグカップにたっぷり入る豆の量が嬉しく、1人分だけ淹れたい時や手土産に重宝する。 ぼちぼちの気になる定休日や展示会情報はnewsをチェックしてみて。 素敵なカフェに出掛けて、美味しいものを食べる。そういうちょっとした事が、日々の暮らしを少し彩ってくれるのだと信じ、これからも自分を甘やかし続けていきたいと思いました。 自家焙煎珈琲ぼちぼち 営業時間 11:00〜19:00(18:00LO) 定休日 水曜定休/木曜不定休 住所 鹿児島市西別府町2794-80 電話...

Fairy marche Vol.2

Category: Works, イラスト
/Posted by:
“花の妖精”が春色に衣替え。前回大好評だったフェアリーマルシェが再び開催されます。 美味しい食べ物や雑貨を花と緑に囲まれながら、ゆったり楽しむ特別な1日。 フェアリーにちなんで、売り子さんやお客さんも花冠や羽でプチ仮装。 時間が経つのも忘れる程楽しくて、とっても癒されました。 お買い物された方は、フェアリーのシールをプレゼント。 フライヤーと合わせて是非、コレクションして下さいね。 こちらのDMは下記の店舗さんで手に入りますよ。(レトロフトにも置いてます) … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … フェアリーマルシェ 奄美の里「シャンドフルール」は庭づくりのヒントがたくさん詰まったお店です。 春風の心地よい季節、小さなマルシェでお待ちしています。 2017 3/11(土) 10:00~16:00 奄美の里「シャンドフルール」 鹿児島市南栄町1-8-1 https://ja-jp.facebook.com/cdfleurs/ その日限定のスペシャルな商品をお届けしようとそれぞれに楽しく準備中です。 ・古書リゼット(絵本や洋書) http://chizuru.chesuto.jp/ ・太郎屋(ガーデンやお部屋で楽しむ古い物) https://www.facebook.com/%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%B1%8B-17035…/ ・かじお荘(ドライフラワーや古い物) https://www.facebook.com/kajioso/?fref=ts ・更紗屋雑貨店(ビンテージボタンやかわいい雑貨) http://sarasaya.net/ ・前田家(大人気の角食) http://mall.373news.com/felia/?p=76339 ・キッサコミツタ(珈琲、トースト・スープ) https://www.facebook.com/Kissaco-Mitsuta-347153612038408/ ・RH+(スコーンや焼き菓子) http://www.rh-plus.co.jp/ ・L’atelier de Parisien(焼き菓子やカヌレ) http://www.latelier-parisien.com/ ・Elder herb and...

城 雅典の陶磁器展 〜海と空と鰤かな〜

Category: Works, イラスト
/Posted by:
鹿児島最北端、長島在住の陶磁器作家「城 雅典」の展示会が始まりました。 ペケペケはDMのデザイン&撮影そして"手タレ"(DM参照)から 会場ディスプレイなど総合的にバックアップしてます。 白と藍色のシンプルな陶磁器に、新作として朱色が加わりました。 空と海の境界線を感じる曖昧なラインが、さり気なく食卓を彩ってくれます。 約40種類以上の豊富なアイテムは全て一点もの。 ペケペケが作ったチェス盤も展示されているので要チェック! 山形屋食堂では長島の食材を使った限定メニューも登場。 やましょくんも長島で生きの良さそうな鰤を見つけたみたいですよ。 ○「長島瓷器」陶磁器 城 雅典 ○会場 :山形屋 2号館5F 特選和食器 ○会期:2017 2月12日(日)-27(月) ○開場時間...

Art+ 実はお芝居が好き。

Category: Works, イラスト
/Posted by:
演劇、音楽、クラフトの祭典がレトロフトMuseoで開催されます。 鹿児島で活躍するアーティストや劇団が一同に集結! どの公演も1時間程度で観られるので、忙しくて時間の無い方や お芝居やコンサートは敷居が高い!と思っている方にお勧めですよ。 もちろん、パンフレットのデザインはペケペケが担当させて頂きました。 「宣伝美術 studio pekepeke」という表記が新鮮!映画のエンドロールの様で凄く嬉しいです。 チケットのご予約&お問い合わせは「かまちや」kamachi-yaさんまで。 ・...