【マンガ】ポチャオ観察日記 6話「羽のように」

61

あなたは飛べますか?

思えば大人になってからは「ジャンプ」する事なんてなかったなーと。
縄跳びもしなければ、側溝を飛び越えることも、コンビニでの立ち読みすら世間体を気にして、
すっかり「ジャンプ離れ」していた。
子供の頃の身軽な身体は夢か幻か。
もし大地が割れて、ヒロインと引き裂かれたのなら安全なロープを確保するか脚立を渡すかしなければ助けに行くことすらできない。
我々は飛ばなければいけない。いつか訪れるヒーローな瞬間、その一瞬のためだけに。もぐもぐ。
 
 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL