母の日にオススメ!塗り絵ギフトボックスのワークショップ

もうすぐ母の日ですね。ペケペケ×山形屋のワークショップのお知らせです。

“ポルカ”という「海外でひろった素敵な紙をイメージした」ガサッとした質感の

特殊紙にオリジナルのイラストをプリントし、職人さんに貼り箱を作ってもらいました。

塗り絵前の状態

蓋に塗り絵をすれば、世界で1つのギフトボックスの完成です。

蓋のイラストは2種。底の部分も、モモとソーダの2色から選べます。

塗り絵してみたバージョン

大人の塗り絵が好きそうなお母さんには、あえて白地のままプレゼントするのも良いですね。

箱の中には、山形屋名物?2号館地階のお菓子コーナーでぐるぐる回転している

つかみ取りキャンディーを詰めてみました。

あめちゃんとチョコレート

レトロ感のあるデザインとパステルのキャンディーが乙女心をくすぐります。

キャンディーを食べ終わった後は、アクセサリーや手紙の収納に便利ですよ。

リボンがけもするよ。

私も娘歴30年。通算20回以上母の日のプレゼントを

選んできましたが、10代後半の頃にはネタ切れを感じていました。

そんな時、いとこが母の日のプレゼントを兄妹でお金を出し合って

買って来るという、とても参考になりそうな場面に出くわしました。

色を塗ってなくてもかわいい

少し照れながらデパートの紙袋を差し出した、いとこ。

嬉しそうに大きめの包みを開ける、いとこの母。

その中から出て来たのは「大きなうんちくんハット」

パーティーの罰ゲームなどで頭の上に乗せるモフモフした、あれです。

いとこの母は少し照れながらそれを被り、家族で皆でひとしきり

笑い合った後、床の間の掛け軸の前に恭しく飾りました。

飴ちゃん1つかみ200円くらい

数年後、いとこの家を訪れた際も少し色あせてはいましたが

それは床の間に堂々と鎮座していたのを記憶しています。

母は子供が選んだものなら何でも嬉しいのだという事を、その時心に刻みました。

それが宝石であろうと、大きなうんちくんハットであろうと

それがずーっと大事にされる事を前提に、プレゼント選びは慎重にどうぞ!

 

母の日特需もあるのか?と思わせる画像です「うんちくんハット」

おおきな うんちくんハット

幼い頃から慣れ親しんだデパートの飴ちゃん。なぜかワクワクしますよね。

「母の日ギフトボックスを作ろう!」

5/7(日) 午前10時〜午後5時(最終受付午後4時30分)

先着50名 山形屋2号館1階中央玄関横イベント広場 参加費¥540(税込)

材料費込。メッセージカード付き。色鉛筆などの道具もこちらで準備しています。

 

 

 

 

 

Post Deta

Category

イラスト ワークショップ

Date

Leave a Comment